FC2ブログ

水は最高の良薬にしてまた毒薬にも変化するー2

「水は最高の良薬にしてまた毒薬にも変化する」という題を思い浮かべたとき、いいテーマだと思った。
ところが時間が経つってにると、「また偉そうな題つけやがったな」と思った。
「水はお薬になりますよ」と書き直そうかとも思いました。

昨日の朝体重を測ると、600㌘減っていました。
体重の約1%減です。
体重の1~2%減はどうも大変なことのようです。

昨日は心身共不安定、集中力に欠けていました。
同時に気力もガタ落ちするようです。

昨年暮、俳優の布施明さんのご母堂(84才)が水分摂取で認知症の症状が大きく改善された様子が放映されました。
最近見たTVの健康番組で、心臓の水分は80%近く、脳と筋肉は75%くらいだとやっていました。
水分が足りなくなると、これらの臓器や筋肉のダメージが大きく、運動能力も著しく低下することになりそうです、

水分が不足しているならば、好きなだけ飲めばいいじゃないかと思ってしまいます。
すぐ摂れるのですが、なかなか必要にして十分な量を摂っていくのは簡単に見えて簡単ではないようです。
いままでの考えや習慣があります。
「水を飲むと、オシッコが近くなるからイヤだ」「水毒症になるから」等々。
特に最近の異常気象、気温の大きく乱高下するときは難しいものがあります。

それからアルコール類は飲んだ量の1,1倍水分が抜けていくそうです。
脱水気味の人はアルコール類は禁止または制限が必要でしょう。
酔い覚ましの水というのは生理的に必要なことのようです。

2-3年前に頻尿の相談を受けたことがあり、その時は水分の制限と
身体を温める琴を提案して1週間くらいで改善したことがありました。
ダイエットに励む女性は多いようですが、標準体重よりウンと多いのであれば、まず水分制限からでしょう。
そして動物性食物を減らすことかなと思います。

脱水症で検索していたら貴重な表がありました。
神様のお導きかなと思ったほどです。
この表を見ていて思ったのは、筆者が常時心身不安定・気力の不足を感じているのは水分不足からではないのかと。
心身の不調は水分の取り方で相当な部分が予防出来ると思うのです。

水分損失率(対水分)と現れる脱水諸症状の関係

水分損失率  症状例
1%    大量の汗、喉の渇き
2%    強い乾き、めまい、吐き気、ぼんやりする、重苦しい、食欲減退、血液濃縮、尿量減少、血液濃度上昇
3%     を超えると、汗が出なくなる
4%    全身脱力感、動きの鈍り、皮膚の紅潮化、いらいらする、疲労および嗜眠、感情鈍麻、吐き気、感情の不安定(精神不安定)、無関心
6%    手足のふるえ、ふらつき、熱性抑鬱症、混迷、頭痛、熱性こんぱい、体温上昇、脈拍・呼吸の上昇
8%    幻覚・呼吸困難、めまい、チアノーゼ、言語不明瞭、疲労困憊、精神錯乱
10~12%  筋痙攣、ロンベルグ徴候(閉眼で平衡失調)、失神、舌の膨張、譫妄および興奮状態、不眠、循環不全、血液および血液減少、腎機能不全
15~17%   皮膚がしなびてくる、飲み込み困難(嚥下不能)、目の前が暗くなる、目がくぼむ、排尿痛、聴力損失、皮膚の感覚鈍化、舌がしびれる、眼瞼硬直
18%     皮膚のひび割れ、尿生成の停止
20%     生命の危機、死亡
出典:水分損失率と現れる脱水諸症状の関係、日本体育協会、スポーツと栄養、108ページ、表7

この表を見ていて思ったのは、こむらがえりは水分不足・ミネラル不足とかいわれていますがなるほど思います。
めまい・吐き気・息切れ・動悸・呼吸困難・手足のふるえ・不眠症等、の方はずいぶん大勢いらっしゃるようですが、水分を多めに摂ると改善する方も多いかと思います。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)