絶対安静ー痛みのでない範囲で動かすべし

「運動は今の時期はどうですかね。
気圧やら落ち着かないなか危険かしら」

「どんな時期でも運動は必要と思います。
体調に合わせて、量を減らして軽くやればいいでしょう。」

「 ありがとうございます。
ぎっくりやらやだから無理しないでとかいわれても、なんかそういわれると運勢不足でよけい変です?
てきどにします。」

「運動ともいえない軽い動作は沢山あります。
例えばスワイショウ・両耳引っ張り・茶筒・指まわし・足首まわし等々。

身体のゆがみが取れるように動かしてください。
ゆがみが取れてもすぐまたゆがんできます。
だからこそ毎日やる必要があるともいえます。
それから身体のゆがみを見るチエックを是非みにつけてください。」

身体を動かすことは全身の血流に影響します。
医師は絶対安静にとかいいますが、そういうときでも軽く動かすことをお勧めします。

ちなみに絶対安静というのは
絶対安静
・デジタル大辞泉ー病気やけがの重い人を、外部からの刺激を避けて、寝たまま動かさず平静な状態を保たせること。
・大辞林ー重病のため歩行・会話を必要最小限に保ち、療養に専念する状態。

寝たきり状態であっても動かせる部分はあるし、痛くない範囲でやる分には回復は早くなるでしょう。

ご参考
朝起きあがれないほどのギックリ腰
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4182.html




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)