難病を予防する法・抜け出す法

【武田鉄矢】難病は人間の退行進化が原因。重力進化学で健康を取り戻せ!
https://www.youtube.com/channel/UCYfWsvT5Awq7XaYIV8ObGPg

「個体発生は系統発生を繰り返す」ということを多くの人が知っているだろう。
難病というのはヒトという生命体の退行現象だという。

西原博士の難病対策は次の三つに絞られる。
1,腹を冷やすな
2.しっかり休め
3,口呼吸をするな

ミトコンドリアというのは細胞内に住む微小生命共同体である。
一つの細胞内に800から3000個いる。
腹を冷やすとこのミトコンドリアが機能不全を起こし、これが腸内環境を悪化させ難病の原因となるのではないかという。
筆者がなんども書いてきた腸活と真反対のものである。

しっかり休めというのは、5分なら5分全く思考をやめて全身脱力してポカンとしていることとしている。
昔、読んだ本では横になる時間が必要だとあったような気がする。

口呼吸をするなということは、西原博士が説き初めていまや多くのかたが知っていることばとなっている。

上記は昨日紹介の「難病は人類の退行進化のあらわれだ!真の医学で退行進化を阻止できるのか!?」と全く同じ内容です。
何故、同じ内容のものをテーマだけ変えてなんども出してくるのかわからない。
わからないがお陰様で筆者の目にも触れたのだjから文句はいうまい。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)