カゼ対策は特製野菜スープ

風邪・寒邪・熱邪・湿邪・燥邪を代表して風邪ということばが残ったそうです。

葛根湯(カッコントウ)がよく利くようです。

昔はどんな症状に対しても葛根湯をだし、「葛根湯医者」といわれたとか。

それだけ汎用性が高かったと思います。

重症のカゼの時は特製野菜スープを飲みます。

白菜・大根・椎茸をうす醤油で煮立てて飲みます。

カゼの時は大変よく利きました。

偏頭痛にも利くようです。

最近はあまりやっていません。

もっぱら葛根湯に頼っています。

カゼの時は甘く感じます。





いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)