三方百両損

何方も大岡越前守の三方一両損の名裁判の話は知っていよう。
因業大家と大工職人が家賃を溜め込んで揉めたのを大岡越前守が一両出して、大工も大家も大岡も
一両ずつ損する形で丸く収めた話です。

筆者はv語りの教室をやっております。 
そこで三方百両損になりかねないことが起きました。
昨年くれ発表会をやりました。
それを見た方から「また中島敦か、中島敦はもういいよ」といわれたというのです。
だからもう発表会ではやらないで欲しい」というのです。
話してくれたのはこの会最古参の九年のキャリヤの方です。

一昨年は「名人伝」、作年は「山月記」をやっています。
市民講座でも同じにやって引き続き同じものをやると計26回やります。
すると、なんとか人様に聞いていただけるレベルにはなると新人教育用のメニューとしてやってきました。
本人の努力もありますが、作品のもつ力というものが大きく作用しているようです。

中島敦はもうやらないでくれといわれて、なんと傲慢なことをいうのだろう。
と怒鳴りつけたくなりました。
あなたは9年もいっしょにやってきて、そういうことをいうのかと情けなくもなりました。

怒鳴りつけていたら、一昨年の二の舞です。
このときも発表会の稽古に絡んで、筆者が汚くやるなといったら自分の語りが汚いといわれたと受け取られて往生しました。
理屈ではわかっても感情面ではどうにも我慢できないということのようです。
そして結局その方は止めてしまいました。筆者の所為ではないといいましたが、私のコメント大きく影響したのは間違いないでしょう。

筆者はこの会を始める当たって「会員の語りの能力アップを旗印としてやりますと宣言しました。
そして依怙贔屓はしないこと、この二つを会運営の基本方針としました。

中島敦の山月記・名人伝の二作品は新人教育用として素晴らしい威力を発揮してきました。
それを外部のかたに、チョットいわれたから止めようとはなんてことだと、またハラが立ってきました。
これを詰めていくと、どちらかが止めることにもなりかねません。
それをいった方にも話を聞いて見たいと思いました。
「OOさんが中島敦は面白くないから止めようといっていますよ}と。
この方はOOさんのもう一人の師匠筋です。
いったら、どんな顔をされるだろうか?
大変に興味の湧くところです。

いい歳こいているのだから、怒鳴りあいなんかなしに丸く収めるにはどうするか、頭を捻っております。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時




 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)