FC2ブログ

足・脚が硬くなるのは?

「2/2は右足首が痛くて正座が続かず、調整後正座できました。
右前重心に戻ったようです。」
右足首が痛いのに左足首は全然痛くありません。

元来が極端な右前重心でした。
自分なりに調整できたつもりでした。
急ぎ足になると戻りやすいようです。

そこでまた前日やったエクササイズをやりました。
[足の甲側を伸ばすストレッチ・茶筒・アキレス腱挟み・お尻ゆらし]

足・脚が硬くなって一時歩くのに不自由していました。
今も硬いのですが、まあまあまともに歩けてはいます。

足・脚が硬いのは、伸筋は伸びて硬くなり、それに対応して屈筋も硬くなっているからのようです。
足の甲伸ばしは逆のようですが、少しオーバーに短時間やるといい方向に変化するようです。

同様に茶筒もそうです。
筆者はO脚気味です。
外重心でやるとO脚が進むように思いますが、これも短時間軽くやるとOKのようです。
長時間やると、多分硬くなると思います。

知人で足のやわらかい方がいます。
毎日、足首まわしや足のマッサージをやっているそうです。
足が全体重を日々支えていますから、足の柔軟性はスゴク大切です。

それを思い出して、足首まわしをやってみました。
すると内回しはOKなのですが、外まわしは×でした。
ここで×○というのは、身体のバランスがくずれれる方向にあるか・整っていく方向にあるかで見ます。

正座から跪座(きざ)になろうとしたら、左太ももが攣って激痛です。
元来、跪座が苦手でした。跪座というは正座の姿勢からつま先立ちになった姿勢です。

苦手だったということは前から足・脚が硬かったということです。
当時、足の親指は浮き指だったようです。

検索すると、左手腱鞘炎絡みで足の親指を軽く引っ張るエクササイズを書いていました。
息をゆっくり吸いながら軽く引っ張り、息を吐きながらゆるめます。






いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)