後首が痛いよう

姉から「首の後が痛くてどうしようもない」と電話が来た。
最近会っていないが姿勢が悪くなっていて、それも現在進行形だろうと想像はつく。

頭は5~6㌔と重く、俯きの姿勢が続くと首の後が負担に耐えきれなくなって痛くなってくる。
「アゴを引いた姿勢を維持しないとなおらないよ」
「アゴを引くというのは首を前に倒せということか」

「勘違いする方が多いようだが、そうではなく、前を向いたままで後に引くんだよ。
それからカメのように首を身体に引っ込めるのもいいよ」

「両肩を上げるのか?」
「肩は上げないよ。
息を吸いながら首をすけめ、息をゆっくり吐きながらゆるめるだけだと。
だからいくらも動かない。せいぜいで1~2㎝だよ。」

「うんわかった。
それから左足の指がいたくて」

たぶん、左前重心になっているからだろう。
足のグーパー、特にグーの方もやるように勧めた。
それも呼吸に合わせてである。
息をゆっくる吸って、息をゆっくり吐きながら戻す。

二ありのやりかたがある。
一は、とにかくグーを繰り返す、50回くらい。

二は呼吸に合わせて、息を吸いながらグーをやり、息をゆっくり吐きながら戻す。
こっちは五回単位である。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)