効いたと思えたら効果は倍増しますー1

「発声のための頬・首・肩・腕をゆるめるエクササイズ (改訂版4)」を市民講座でも資料として渡しております。
「全部やっても10分か15分、33のみやるだけでも違ってきます。
毎日やることが望ましいです。」と書いています。

そしたら「やっていると具合がいいので毎日やっています」と仰ってもらいました。
教室でやるための資料なので、下肢関係や仰向けでやるもの掲載しておりません。
そこで下肢を中心に補充エクササイズを書いてみました。

1,これまでエクササイズの前後にチエックを入れることをお勧めしました。
  いろんな治療法やら運動法があります。         
  それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 
  合っていれば少し宛日々改善されていきます。
  合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。   
  
  チエックをすることは面倒くさいです。
  しかし、効いていると確信を持てるということは、治療効果を倍増すると思うのです。
  人間の保っている力の中で最強のものは意識あると書いてきました。
  新薬は出始めが最高の治癒力になるそうです。
  チエックすることで効いていると思えることで、この意識の力が発動します。

【1 股間節の左右差
 ① 仰向けで左右の足の倒れを見ます。内向きか、外向きか?
 ② 左右どちらの倒れが大きいですか?
 ③ あぐらの姿勢で足裏を合わせ引き寄せ、左右両膝の高さを較べます。
  どちらが高いでしょうか?
  
  左右差がわかりにくいときは、両膝を持ち上げて、
  ゆっくり下ろすと下りにくいのはどちらかを見てください。

2 肩関節の左右差
 ① 両手をゆっくり頭上に揚げて身体の正中線上で手の平を合わせます。
   どちらが何センチ長いでしょうか?
 ② 立って前ならえをして身体の中央で両手を合わせます。
   左右どちらが何センチ長いでしょうか?

3 立位体前屈は床上もしくは床下、何センチでしょうか?
  ストレッチではありませんので、ゆっくり曲げてみます。

4 頭を左右にゆっくり曲げると曲げやすいのはどちらでしょうか?】

上記はコミュニテイ「身体のゆがみは自分で直そう」で浸かってきたチエック方法です。
略式で2のバンザイ・前ならえと3の前屈でもチエック可能です。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 





コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)