口パク稽古になっていますよ

またまた自分のことは棚上げして偉そうな話しさせてもらいます。
「私たちはプロになるわけでありません。
そんな厳しくコメントされてもついていけません。
仲良くたのしくやれればいいんです」
とこれまで2回いわれております。

ここで私がコメントをすると苦い顔をされる方が何人かいらっしやいます。
だけど私はごく当たり前のことを当たり前に喋っているつもりです。
苦い顔をされるのであれば発声練習をしっかりやってください。
その点Aさんは立派というか見事です。
3回連続で休まれて出てきたとき、休まれる前よりベルを上げて出てきました。
苦い顔をされる方はしっかりと発声練習をやってください。
わざわざこの広い会場を借りているのはそのためなんです。
いいですか「ノーマクサーマンダー」をやっているとき、「他の人がどういう声でやっているか耳を傾けてください」
といったことがありました。
「ダントツなのはいつもAさんなんですよ。
そしてこっちの方角からは、私のこの席まで届かないのです」

Bさんは頭がよくて器用な方ですよ。
ですがこういう方というのは、発声練習のような地道な作業をやりたがらないようです。
やっているつもりかもしれませんが、ここまで届きませんし、結果として口パクだけも稽古になっているのかもしれません。
Bさんにはここでもいいましたし、電話でもガンガンいわせてもらいました。
Bさん、なんでガラガラ越えのお文になったのかわかっていますか?
お腹が抜けた状態で大きな声を出そうとするとノドに来るんです。
市民講座の方々は、4人とも烏での出来映えを誉めていましたよ。
でも私の評価は低いのです。
取りあえずBさんはもち前の器用さで間に合わせたにすぎないと見ているからです。
今の時点での評価でいくと11人の最下位なんです。
ハラが出来ていない方が他のことを上手にやれたにしても、それは砂上の楼閣なんです。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)