平均値はあくまでも参考数値です((低体温症)

ガス会社のPR誌に温熱療法の記事がありました。

「体温は一般的に深部の温度(口腔内や直腸内の温度)が36,5度~37,1度はし正常、35,5度未満を
低体温症としています。
低体温症は感染症、肌荒れ、便秘、花粉症、アトピー、糖尿病、骨粗鬆症、悪性腫瘍、パーキンソン病、任地症など様々な病気の発症に関わったり、症状を悪化させたりする可能性があります。

もし、あなたの体温が35,5度未満の低体温症なら、体の危険信号かもしれません。
原因としては肉体的ストレスや精神的ストレスが関与しているとされています。
これらのストレスある閾値を超えると自律神経やホルモン分泌のバランスがくずれ、体温を低下させ私たちの体をさまざまな病気から守ってくれる免疫システムが低下した状態になります。

体温が1度低下すると免疫力は30%低下すると言われていて、細菌やウイールスから体守れなくなったり、免疫の誤作動から病気になることもあります。
また低体温は体内を参加させ、老化スピードを促進させます。
さらに正常細胞も新陳代謝酵素が悪くなりますが、逆に癌の細胞は35度台の低体温のときにもっとも活発に増殖することがわかっていて、癌の発症や伸展するスピードも速くなる可能性があります。

体温を1度上昇させると免疫力は数倍高くなると言われています。
体温を上げるために家庭で出来る温熱療法入浴です。
入浴せ大切なことは温度と入浴時間です。
入浴温度は42度以上としてください。
入浴時間は最初の3分なでは首まで浸かり、全身に行きわたる血液の温度を上げます。
3分を過ぎると腰湯でもよいので、10~15分間は入浴します。
入浴回数は、難しいかもしれませんが、朝と夕の1日2回がお勧めです。」

低体温症に関してよくまとまねて書かれていると思いました。
でも入浴温度42℃以上とあるが、数日前の新聞では逆に42度以上にするなと書かれていました。

ヒートショックプロテインの話は知っています。
「筋肉の記憶を消す」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2585.html
「入浴、女性・高齢者は要注意です」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4076.html

個体差が大きく、それが大変重要だと思うのですが、こういうときに触れられることはまずありません。
一般読者向けとしての記事でやむを得ないのかもしれませんが、一言欲しいところです。
平均値はあくまでも参考数値です。
要は現在の自分に合うかどうか「「相性」の問題だと思うのです。
この相性自体も日々刻々変化しているということであります。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)