FC2ブログ

エースパイロットは健康管理も一番

「体調管理できない人から戦死しています。」ゼロ戦パイロットとして
幾多の死闘から生還された故坂井三郎氏のことばです。
運動神経抜群の人が戦闘機乗りになれると聞いたことがあります。

「古の名刀を超える技を目指し、人生のすべてを
刀づくりに注ぎ込んできた松田次泰然さん。
その仕事観、人生観に迫りました。

致知出版社の人間力メルマガ 2017.12.21
───────────────────
松田 次泰(刀匠)
  ×
數土 文夫(JFEホールディングス特別顧問)

※『致知』2018年1月号【最新号】
※特集「仕事と人生」P62
───────────────────

【松田】
僕が何歳まで刀をつくり続けられるかは分かりませんが、
やはり人生も仕事も、大事なことは諦めないということ、それしかないですね。

自分で「これだ」というものを掴むまでは、とにかくもう、やるしかありません。

失敗しても、諦めないでやる。失敗にどれだけ耐えられるかです。

僕は40代の頃、何度も何度も失敗を繰り返しながらも、
夢中で鍛冶場にこもって仕事をしていました。

仕事を終えて鍛冶場を離れるともうフラフラで、
すぐに眠り込んでしまうような生活を続けていたんです。

そういう厳しい仕事と対峙する中で、一つ自分を支える大きな力になったのが、
零戦のエースパイロットだった坂井三郎さんとの出会いでした。

坂井さんが80歳の時に、戦時中はいい刀を持てなかったので、
改めて日本刀をつくりたいとご注文をいただいたんです。

その時に伺ったお話の中で、特に印象に残ったのが
「二番だったら死んでいる」という言葉でした。

「空中戦の時に少しでも自分の体調が悪かったら死んでいました。
 体調管理できない人から戦死しています。
 自分を律せなかったら、私はいまここにいません」と。

これには身の引き締まる思いがしました。

もし自分のつくった刀が二番の性能だったら、
それを使った人は戦場で命を落としてしまうかもしれない。

刀がそういう緊張感を伴ったものであることは、
それまで頭では分かっていましたが、坂井さんのお話を伺って、
実感として胸に迫ってきたのです。

【數土】
非常に示唆に富んだお話ですね。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)