FC2ブログ

血管年齢90、でも内臓等は問題なし

左股関節が痛くて3㍍刻みで間欠跛行、将来歩けなくなるんでないか大層不安になったときもありました。
足底腱膜炎のときは、足裏が痛くて、階段の上の方でゆれて転げ落ちそうな不安がありました。
半年から一年くらい前のはなしです。

4年ぶりに健康診断を受けました。
中性脂肪が40を割って低い以外は悪いところはありません。(基準値が50~149)
それと血圧が、86~146と高めだがこれは年齢的まあまあだろう。
一頃から見ると安定し落ち着いてきている。
これは腸活じきに丸3年になる腸活の賜物らしい。
腸活といっても、毎日納豆1パックと茶麹を摂るだけである。

食事は二食あるいは一食と不規則で大したものは喰っていない。
「不食」が話題になったことがあるが、不食に近づいたのかもしれない。

血年齢の方が問題である。
頸動脈の方だけと思っていましたが、手足の血圧を測って見るやり方もあり両方受けた。
頸動脈の方は右側が1ミリ左が1,1ミリで問題なしですがプラグがある。
ある方の頸動脈が2,5ミリもあった由聞いたことがありました。
ところが手足の方から見るやり方では推定年齢90才、これはショックでした。
股関節痛が続いて脚足の筋肉が大変固くゆがみが出やすくなっています。

内臓・血液面の心配はないが、筋肉・骨格等の運動系組織が問題ということである。
最近、ロコモテイブシンドローム略してロコモの面である。
こっちは、日常の姿勢と歩き方が重要となる。

こっちの方は整体師で喰っていくことを考えたこともあるし金も使ったし、いささか得意である。
ミクシイで「身体のゆがみは自分で直そう」というコミュを解答者をやって難しい症状も改善してきました。
ひと頃は忙しかったが今はヒマである。

最近思うのは、大概の症状は自分でなんとなるし、なんとすべきものである。
医師や薬に頼りすぎないことである。
そして自分自身の意識が殊の外重要だと改めて考えています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 







コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)