歩行法「ナンパ型・交差型

ナンバということばを知ったのは、今から20年ほど前、
古武術家として今をときめく甲野善紀のお話を聞いてからである。
ナンバ・ナンバ歩を知っている方は段違い多くなった。

ナンバというのは、左右両手と左右両足を同側において歩行することを指す。
現代人の多くは両手と両足を交差しながら歩いています。
これは明治になって軍事教練によって習慣化されたという。

日本人はかって全員着物だった。
この着物の着崩れを起こさないために、このナンバの動きが生まれてきたのだという。

古武術家_甲野善紀_カラダ革命_aac
https://www.youtube.com/watch?v=hH-j1DHdfpQ

1時間20分の長丁場だが興味深い動きが詰まっています。
ナンバの部分は短い。

このナンバの動きは登山など登りとき特に有効である。
上記ユーチューブでは甲野さんのナンバ実演シーンや東京タワーを昇るシーンが紹介されている。

最近届いたメルマガでも、ナンバのことが書かれていました。
この方は剣道の先生で、「常足」なることばでしられています。
「ナンパ型・交差型」という用語を使っています。
http://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=namiashi&bid=2&YM=201711&MID=317#317




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)