水分と塩分

爪の縦じわは老化現象?
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4565.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4566.html

老化というのは体内から水分の失われていく過程ということで、水分との関連で書きました。
水分の保有ということは、これまでの塩分の摂取との関係があります。
水分・塩分の相互の関連ということから、老化は体内から塩分の失われていく過程ともいえるのかもしれません。
塩分も水分もどちらも腎臓と関係が深いというのは興味深いことに思います。

減塩PRは相変わらず盛んです。
いうまでもなく、水分も塩分も人間にとって必要不可欠のものです。

減塩で死ぬ / 武田邦彦ブログ音声 #武田邦彦 #武田教授 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=K1IrUesx4gs
忠告【武田鉄矢】病気が嫌なら今すぐ塩を取れ!減塩のウソ。塩と人間の身体。
https://www.youtube.com/watch?v=iXteBOLfaCk

かって日本はほぼ純粋の塩化ナトリュームオンリーの時代がありました。
自然食の方々が猛烈なキャンペーンを繰り広げて、専売公社以外にも塩を作り売れるれるようになりました。
お陰で、いまは塩化ナトリューム以外の塩も割と手軽に入手できるようになりました。

季節により体調により、塩分量も水分量も大きく変動します。
どんなお塩を摂るか?それを棚上げにして、単純に減塩をいうのに疑問を感じます。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3244.html
特に不調が続く時は塩分多めの方がよさそうです。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)