腹を絞る・声を絞る

ヨガの方で「ナウリ」という技法があります。
腹直筋は前の方に張り出して固め両横の筋肉は思いっきり凹ませます。
若いとき、挑戦しましたが出来ませんでした。
先日TVで片岡鶴太郎さんがやっている映像を見ました。
「オレのは離婚ヨガだ」だと笑わせていましたが、インド政府公認の資格を持つ19人中のお一人だとか。

ここまでお腹が絞れれば、声を絞ることも自在となり、ウンと表現の幅が広がることでしょう。
でもこれはそれほど簡単でもない。
新しい習慣を身につけるには、やり続ける・しつづける以外にない。

「お文役のかたの場合、お腹を鍛えることが根本対策ですが、取りあえず途中で息継ぎをしてやるようにとアドバイスした。
こうひとつ、年のせいか声がだみ声というのかガラガラ声というのか若い女性の声ではない。
そこで一番目に「イメージすること」そして2番目に「お腹からの声に徹すること」をアドバイスした。
そしたら2回3回と繰り返すと、驚くほど変わり澄んだ声になりました。」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4558.html

これで大丈夫と思ったのですが、これはこれでお腹のキープが必要になるでしょう。
「イメージすること」「お腹からの声に徹すること」の二つは、野猪の太兵衛役と勤王少年梶金之助役にも必要らしい。

声を絞る
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4554.html

「烏」にでてくる表現で「時おり、木の枝から雪塊の落ちる音が、ぱさっ、ぱさっと聞こえる他には、ひっそりとして物音のない静けさだ。」この静けさをどこまで表現できるだろうか?

雪がしんしん降ると表現があります。
これも静けさを表す表現だが、あまりピッタシこない。
多分、新しい表現だろうとしらべたら、昭和22年頃に田中冬二という詩人が発表した作品にあるらしい。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)