両足底腱膜炎

「両足底腱膜炎です。
両足裏足甲足首痛いのは当たり前、ふくらはぎ、すね、ふともも、股関節そしてお尻。
つまり下半身全体痛くて、痛みが移動するんです。
膝とふとももいたいなあ、と処方薬塗ってる途中で、すねとふくらはぎが痛くなるし、、、
そして、痛みが広がり、強くなっています。

踵は痛くないです
座っていても四脚は痛いです
さすったりあたためると痛みは緩和します。」

「極端な前重心のように思いました。
履き物を変えたのでしょうか?
なにかトレーニングやられていますか?

やってみないとわかりませんが、室内で後歩きをお試ししてください。
一畳あればできます。
後ろ向きに歩くだけです。
5センチくらいの小刻みに歩くのがコツです。
2-3分くらい。

少しでも楽になるようならば、1時間おき・2時間おきくらい繰り返します。」

「私が手の腱鞘炎になったときとにています。
パソコンをはじめたとき、マウスに当てる指の当て方が悪く、右上半身が手・腕・肩・と背中が激痛で全く使い物にならなくなり難渋いたしました。
ある方のアドバイスでウソのように快方に向かったことがありました。

貴殿の場合、踵が痛くないのですから前重心だと考えました。
極端な前重心ですと脚の前面・足の甲・つま先が固くなるようです。
344の画像のように前脛骨筋tが挟めないと思います。
後側ふくらはぎはまだまだ弾力があるかと思います。

単純に前重心にすぎた結果と見ました。
それを治すのなら後重心に歩けばいいと思っただけです。
奇効を奏すかもしれません。
2-3分やってみればすぐ結果はでるでしょう。

症状からは座骨神経痛のようなものかもしれません。
その場合はまた別のアプローチを考える必要もあるでしょう。

歩行時の姿勢がからくるものです。
クスリ・湿布等は症状の緩和に役に立ったとしても根本解決にならないでしょう。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)