酵素は万能薬らしいー3

病気になる原因
「薬のいらない体は、酵素がつくる! - 鶴見隆史医師の著書の紹介です。 ..

「酵素は、動物・植物・昆虫・微生物にいたるまで、生きとし生けるものすべてに存在しています。
すべての生命活動は、酵素の働きによって支えられているからです。」
「ここで覚えておいていただきたい、のは酵素とは生命力そのものであり、私たちが健康で元気に過ごせるかどうかも酵素しだいということです。
体内の酵素を増やせば薬は必要ありません。

続きは
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3839.html

筆者の腸活は主に「納豆1パック+茶麹」の毎日摂取と生野菜・果物の摂取です。
茶麹は麹の神様といわれた河内源一郎直系3代目がやっている麹屋でつくられています。
麹屋3代目の著書「麹のちから!」から抜粋です。

『こうそ(酵素)。
これは生き物ではありません。専門的にいえば「触媒」です。
そうですね、たとえていえば、ハサミのようなもの。
私たちはお肉やご飯を食べるとき、そのままでは飲み込むことができないので、噛み砕いて食べますね。しかしそれでも、腸の粘膜から吸収するにはまだまだ大きいので、とてもそのままでは身体が吸収できないのです。
そこでお米に含まれるデンプン質を糖に、肉に含まれるタンパク質をアミノ酸細かく分解する役割を持つのが酵素です。
つまりデンプンやタンパク質を細かく切るハサミの役割が酵素という物質です。この酵素がなければ私たちは栄養素を体内に吸収することができません。
酵素はすべての生命体が生命を維持するために必須の、非常に重要な物質です。この重要な酵素を生産するのが麹なのです。

こうじ(麹)
麹は微生物です。ソレモカビの仲間です。例えば米麹とは蒸したお米の表面に麹カビが生えたものをいいます。
麹は大量の酵素を生産します。私たちが生命を維持するのに必要な酵素の7割は麹が生産しているといわれていますから、麹は実に大切な微生物です。
もちろんあらゆる生物が酵素を生産しているのですが、たいがいの生物は体内にその酵素とどめておいて外に出すことはありません。ところが麹は、出し惜しみせずに、さまざまな酵素を外に分泌します。たとえば「糖化酵素」。これを利用してお米ノデンプンを糖に変えて造られるのがお酒です。』

麹屋三代さんのページ
http://page.mixi.jp/view_page_information.pl?page_id=39996&module_id=209681&from=menu


体内の生命活動の全てにこの酵素が関係しているそうです。
そして麹がこの酵素を生産するパワーが強力な由、筆者が万能薬らしいと書いた由縁です。
万能薬にしても人の身体には、それぞれ歴史がありますから、それなりの時間が掛かると言うことです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)