「菜の花の沖」

司馬遼太郎の作品はずいぶん読みました。
特に
「龍馬がゆく」
「坂の上の雲」
「翔ぶが如く」
「播磨灘物語」など夢中になって読んだものでした。

お陰様で乃木大将や伊地知参謀長を愚将・凡将と思いこんでいました。
その認識を改めたのはごくごく近年のことです。

あらまし読んだつもりでいましたが、「菜の花の沖」は読んでいませんでした。
図書館で立ち読みして面白くなり借りてきました。
四巻まで読みました、後まだ二巻残っています。

若衆宿に入るに必要な祝儀代も事欠くような極貧の農家に生まれた嘉兵衛が、網元の娘と駆け落ちし腕っこきの船頭となり、さらに豪商に成長していく物語です。
司馬遼太郎の文章を引用してみよう。

まずおふさから、
「おふさは京顔といわれていた。浜そだちにしてはめずらしく色白で、目鼻だちが小ぶりにととのい、笑うと小さなあごがくびれて可愛かった。おふさがいかに美しかったかということが、永く土地の伝説としてのこったことをみても、若者たちが、魅かれていた彼女の容姿は尋常なものではなかったのだろう。
全体に小造りだが、身うごきにリズムがあり、針仕事の手の動きでさえ、若者たちにとって見飽きることがなかった。というよりおふさがそこにいて、若者たちはことさら視線をむけなくとも、リズムで彼女を感じることができた。
だれもが、おふさを大切にしていた。かって若衆の中で軽薄な男が、路上で元気のないおふさに会い、つい冗談で、
・・・・・・潮か。と、いった。月のものか、という意味である。からかった若者はそういっただけで、後で宿の評定に引き出され、中若衆たちからさんざん油をしぼられた。」

ついで嘉兵衛である。
おふさと二人御番所の前を通ったとき嘉兵衛のことばにおふさがころころと笑ったのを役人に咎められた。
「御番所の後門前で笑うとは、上をないがしろにしたふるまい。存念を言え。なぜ笑った」
「屁の話をしたのでございます」
「屁をhったのか」
「とんでもございませぬ。物のたとえを申しただけでございます」
「なにを屁にたとえたのだ」
嘉兵衛は一礼しておふさのもとにもどり、小声で、旅籠に帰っておれ。後は自分が応対する、といって逃がし、童心のもとに戻って、
「御役人衆は屁のようなものだ、と・・・・・・・・・」
と両眼に力を込めて言い、言いすてるとゆっくり立ち去った。同心は嘉兵衛の気魄におそれたのか追ってこなかった。
嘉兵衛は逃げたわけではない。立ち去っただけであった。もし追ってくれば御番所へゆき、与力にも会い、必要なら大阪まで行って町奉行の前に引き出されてやろう、と覚悟した。
といっても、どうなる相手でもない。しかし肚だけを据えると、二つの脚で立っているだけの人間になり、身分制の衣装をぬぎすてた裸の気分になった。
気魄は、裸の心境から沸きおこった。それが炎立つようにして相手に感じさせたらしい。同心の表情にひるみが浮かび、あわてて左右を見まわしたのは、仲間をのとめるつもりだったのだろう。
このため同心は、嘉兵衛の名も、生国、寄留先、職をきかずに取りにがしてしまった。
この経験は、嘉兵衛の生涯に影響した。
こちらが」裸の人間としての尊厳をもちさえすれば、相手も身分制や立場の衣装をぬいで裸にならざるをえないという人間関係の初等力学のようなものが、嘉兵衛の腑のなかに棲みついた。」

上記の文でおふさと喜兵衛の姿を眼前に見るような気持ちになりました。
司馬遼太郎の筆力・文章力に改めて感心してしまった。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)