乗り物酔いに指切りげんまん

乗り物酔いに自分で指切りげんまんが効くそうです。

あるメルマガに紹介されてありました。

遠距離バスで発症したとき、やったら始めてやったのによく効いてじきに収まったそうです。

左右両手小指を絡ませて引っ張るだけです。

私も呼吸法を併用しやってみました。

息を吸いながら引っ張り、息をゆっくり吐きながら戻します。5ー10回くらい。

「足は親指、手は小指」ということばをどこかで覚えました。

どこで覚えたのか定かではありません。

手の小指は締めた方がいいようです。

親指は伸ばして使った方がいいようです。

小指と親指、両方一遍にやることもできます。

剣を握るときは、親指は伸ばして他の四指で軽く握るとか。

剣が抜け落ちるくらい軽く握るのだそうです。

乗り物酔いのとき、小指は強く引っ張った方がいいのか、軽くやった方がいいのかどちらだろう。

多分、その時の症状で変わるのだろう。

乗り物酔いだけでなく、自律神経系の調整には効くと思われる。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)