薬漬けの子供「完治」に母号泣。

薬漬けの子供「完治」に母号泣。全体に公開 みんなの日記

薬漬けの子供「完治」に母号泣。
奇跡の通信制高校は何が凄いのか
http://e.mag2.com/2ggVxef


熊本県の離島の町、御所浦町の通信制高校・勇志国際高等学校の野田将晴(まさはる)校長に、ある生徒の母親から電話がかかってきた。

「スクーリングで何かあったのでしょうか」

その生徒、黒木太一は、勇志国際高校の開設とともに、最初に入学してきた114名のひとりであった。小学校4年から不登校になって家に引きこもっていた。人の顔をまともに見ることができす、人とのコミュニケーションがとれない。友達もいない。週2回、心療内科に通い、薬をたくさん飲まされていた。

しかし、スクーリングから帰って、通院するたびに、先生は頭を傾げながら、薬を減らしていく。ついに「明日からもう来なくていい。薬も飲まなくていい」と言われたという。

野田校長がスクーリングの経過を話すと、母親は電話の向こうで声をあげて泣きながら、「何年間も治療を受けて、薬をいくら飲んでも改善する気配もなかったあの子が、完全に治ったんです」と、何度も何度もお礼を言った。

黒木はさらに2年生、3年生と進級するに従い、著しい成長を見せた。勇志高校で多くの不登校の生徒が立ち直っているというので、NHKがドキュメント番組を作りたいと申し入れてきた時、野田校長は黒木を紹介した。黒木はこう言った。

校長先生、昔の僕と同じように苦しんでいる人がまだ沢山いらっしゃると思います。そういう人たちに今の自分を見てもらうことでお役に立てるなら、喜んで取材を受けます。
(『教育者は、聖職者である。』野田将晴 著/高木書房)

続きは
http://e.mag2.com/2ggVxef

『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』

著者/伊勢雅臣(記事一覧/メルマガ)

購読者数4万3,000人、創刊18年のメールマガジン『Japan On the Globe 国際派日本人養成講座』
発行者。国際社会で日本を背負って活躍できる人材の育成を目指す。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)