ゴミ分別のウソが物語る「生きづらい日本社会」の正体

●ゴミ分別のウソが物語る「生きづらい日本社会」の正体
http://i.mag2.jp/r?aid=a599e261993f01


自分で自分の首を絞め、苦しみ続けるのはもう止めにしよう
政府も「国民は1000兆円の借金がある。子供にツケを回すな」と言っていますが、実は「国民は政府に1000兆円を貸している。子供は1000兆円の貯金を持っている」ということですが、真逆な説明をしているのです。

日本という国は本当に誠意あふれる国ですし、日本国は外国に360兆円も黒字を持っていて、何ら心配はありません。そろそろNHKも廃止して受信料も減らし、消費税もゼロにして、気楽な生活を送る時期と思います。

社会に活気が出てくると、自然と消費も増え、研究の成果もあがって新しい製品ができますので、給料も諸外国並みに1.5倍になるでしょう。

ただ、そのためにはまず、家庭でも、学校でも、社会でも、「もっと楽しんで、気楽な生活を送ろうよ。やらなくても良いことは止めて、他人がしてもそれほど酷い迷惑がかからなければ良いじゃないか」というコンセンサスが必要でしょう。自分で自分の首を絞めているのですから、まずはそれを止めることです。
(続きはご購読ください。初月無料です)

続編は『MAG2NEWS』内、下記よりお読みいただけます。

【関連】本当にバカバカしい「レジ袋の追放運動」武田教授がその矛盾を解説

【関連】ゴミの分別とはなんだったのか。日本人が騙されていた不都合な真実

【関連】日本のリサイクル運動は「もったいない美徳」を利用した集団詐欺か

【関連】紙のリサイクルは「天下り企業」を潤すだけの無駄。武田教授が暴露

【関連】日本の「ゴミの分別」は本当に役に立っているのか?武田教授が苦言



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)