ひけらかすつもりは毛頭ありません

辛口のコメントを書いて下さっていたDさんがマイミクをやめられました。
「解剖学をもっと勉強しろ」
「お前のは素人の健康法だ」
「武術の方ではずいぶん参考になったが、治療法としては全く使い物にならない」等々。

私の年になると意見を言って下さる方が激減します。
そういう面で貴重な方だったのですが残念です。

私がお勧めする治療法は腸活や呼吸をつかったエクササイズです。
症状が改善してもお金にはなりません。

「身体のゆがみは自分で直そう」というコミュをやっているのですが、その自己紹介トピに書きこまれた女性が激怒されたことがありました。
自己紹介トピですと多数のお方書きこまれるし、長くなりそうだったので専用トピにしました。
ご当人は目立ちたくなかったらしく、トピの削除と謝罪を要求されました。
トピの削除には応じましたが謝罪はいたしませんと断りました。

「金儲けのためにあちこちにコメントを書き続けているのだろう」
これは少し当たっています。
当時、ワークショップを開催しており参加人員が増えてほしいと思っておりました。
でもそんなに集まりませんでした。
人を集めるのは難しいです。

「お前は自分の知識をひけらかしたいのか」というのもありました。
これは完全な誤解です。そん積もりは毛頭ありません。
薬を使わない健康法・治療法ですが、私の知識なんか知れたものです。

マクロビオテイックの元祖桜沢如一は博覧強記でなんでもよく知っていたようです。
マクロビオテイックの普及団体である日本CIを作りました。
CI(Le Centre Lgnoramus)とは「無知なるものセンター」を意味しているそうです。

私の日記などで自分の知識をひけらかそうと感じられたならば、具体的に指摘して下さるようにお願い致します。

この日記を書いていて思い出したのは講談の「肉付きの面」です。

日本一と評判の高かった源五郎という彫物師が「暮れになって銭ほしさに急いで仕上げたから卑しさがでている」と観世太夫にいわれてノミでのどを突いて死にます。
その息子は彫り物の修行をして、有名になります。
そして観世太夫から鬼女の面を注文を受けました。
そのを見事な鬼女の面を観世太夫はすぐつけたのですが、今度はその面が外れません。

呼ばれた息子は観世太夫に割られた面を抱えてやってきます。
そして「この面のどこが卑しいのか教えて下さい」と尋ねます。
「わしは酔っておったし面には悪いところはなかった」と謝ると面はポロッと取れたという話です。

私があちこちのコメントを書いているのは、私やり方がどこまで通用するか試したいという気持ちが強いです。
それと「身体のゆがみは自分で直そう」と名付けました。
自分で蒔いた種はじ分で刈り取らねばならないということです。
最近、人様の書いた記事に書いているのは、猛暑続きで頭が働かず記事が書けなくなったからです。
それと読まれる方に必要なことが抜けていると考えたからです。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)