「くも膜下出血」 

【脳を知る】致死率高い「くも膜下出血」 働き盛りに多く、社会復帰は3分の1の現実 555
2017年08月20日 08:02 産経新聞

脳卒中には脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血がありますが、今回は致死率が高い、くも膜下出血についてお話しします。

 くも膜下出血という言葉は、皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。料理研究家の小林カツ代さん、元プロ野球選手の木村拓也さん、「globe」のボーカル・KEIKOさん、歌手・俳優の星野源さんら多くの有名人も、くも膜下出血を患っています。

 脳は3枚の膜(硬膜、くも膜、軟膜)で覆われていますが、くも膜の内側に出血するのが、くも膜下出血です。働き盛りの年代に多く、約半数が生命に関わります。社会復帰できるのは約3分の1だけです

続きはhttp://mixi.at/adei2Dt(6時間前)

「危険因子は高血圧、喫煙、過剰飲酒です。くも膜下出血を起こすと、突然ハンマーで殴られたような、これまでに経験したことのない、激しい頭痛が出現します。悪心(おしん)(胸がむかむかすること)や嘔吐(おうと)、意識障害も半分以上の人に起こります。」と続くのですが、、腸内環境が密接に関係しているといつも思うのです。
このことを何故書かないのだろうか?



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)