集中する(暑さしのぎ)

暑い日が続いております。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」ということばを聞かれたことがあると思います。

無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛と感じないという意味だそうです。


戦国時代に快川 紹喜(かいせん じょうき)という僧侶が、信長に敵対した六角義弼という人らをかくまって、織田軍の引渡し要求を拒否し焼き全ての僧が焼き殺されました。

その時に快川紹喜和尚が残した辞世の句が『安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も亦た涼し』です。

確かに集中すると暑さもしのぎやすくなるようです。

逆になんにもしないでいると余計暑く感じるようです。

語りや朗読をやっていると少しは凌ぎやすくなりそうです。

お腹をウンと凹ませるというのもありでしょう。





いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)