瞼の母


「敵打ち後生に託した長谷川伸」24日よみうり紙の時事川柳です。

19日大きく紙面を割いて一面・30面に報道されました。

『戯曲「瞼の母」「一本刀土俵入り」などで知られる劇作家・小説家の長谷川伸(1984~1963)が、日本に残る敵討ちの逸話を集めて書いた草稿約390編、原稿用紙約2300枚分に上がる草稿が、東京都港区の自宅に現存することがわかった。
敵討ちは、日本の大衆文学に大きな足跡を残した長谷川伸がライフワークとしたテーマだった。』

三歳で生母と生き別れ、実家の没落で小学校も3年で中退された由。

漢字はルビ付きの新聞で覚えたという。

「瞼の母」は浪曲・講談・演歌・演劇などで幾度も上演されています。

弟子を育てる才にが特に優れていたらしく村上元三、山手樹一郎、山岡荘八、戸川幸夫、平岩弓枝、池波正太郎、西村京太郎、と綺羅星のごとく輩出している。

今度、語りの発表会で「瞼の母」をやるつもりで考えています。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)