心身共安定する方法

『天風式クンバハカ法』・・・1
『臍下の一点』・・・・・・・・・・2
『腸骨屈曲呼吸法』・・・・・・3

上記の三つを乱暴にも一つのものとして、それぞれの違いは各自の身体・意識の違いからくるものと考えています。
1では臍下丹田に力を入れるといい、2では力を入れるのは間違いであり意識するのだという。

骨盤が後傾していると丹田に力は入れにくく、意識しにくい。
仰向けになり両足を握り、反らせる運動を続けると修正されていく。
骨盤後傾タイプのかたにはお腹を凹ませる方が合っているようです。

3では腸骨の尾部屈曲動作をすると上腹部はやわらかくふくらみ、丹田は凹みカチカチに固くなると説明されています。
尾骨を巻き込む操作である。

筆者は語り朗読の教室で、腹を凹ませてやるようにいっています。
これだけで声が力強く変わってきます。

『吹き矢のエクササイズ』を勧めることもあります。
これもいいですよ。
腹部の纏まりを体感で認識できます。

今度誰かをモデルにして実験してみようと思っています。
立ってもらって打つ真似をします。たいてい身体を反らせ避けようとします。
次は吹き矢の真似で体勢を作り、また打つ真似をします。姿勢が変わらなければOKで3す。

クンバハカは、外部からのショック・衝撃に強くなり心身共に安定する方法としてヨガの修行者に伝えられている。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)