足の指は大変に重要(ひろのば体操)

日記転載

ひろのば体操というのがあるのは知っていたし、本が出ているの知っていました。
でも実際のやり方は知りませんでした。

足の指が重要なことは少しずついられてきているようですが、まだまほとんど知られていないというのが現状でしょう。

動画で足の親指・小指の位置がずれていることや浮き指の見方がよくわかります。
健康に関心ある方は必見でしょう。

簡単な体操を毎日続けることで、姿勢が改善されていくという。
これは納得である。

たまたま、ユーチューブを見ていてひろのば体操のがありました。
2016ひろのば体操 足指(福岡 みらいクリニック 今井一彰先生)
https://www.youtube.com/watch?v=TqlsPyiQj-g

足の指を拡げて伸ばすから、ひろのば体操というらしい。
左足の指の間に右手の指を入れて、亭屈と背屈をやります。
あまり強くやらないでくださいという。

昔、強くやって失敗したことがあります。
足の甲の方へ5秒ずつ各5秒20回、反対法も同じようにやればよい。

ひろのば体操のbefore-afterで70㌔ある大の男を軽々支える女性の姿は衝撃的である。
実はこの実験、作年も見ているのだこのやり方ではやっていなかった。
もっぱら足のグーパーだった。それも足の痛みが消えてさぼりがちになっている。

足に問題を抱える方は特に必須だろう。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)