パーキンソン病らしい

「まだ診断がおりていませんが、症状がパーキンソン病に似ています。

私は手の震えや両腕の脱力感、左足に違和感があり、力が入りません。
手指の使いづらさがあります。
症状は日によって辛かったり、軽快したりするものなのでしょうか…。

ネットでみると、安静時の震えで気付くことが多いとなっていますが、関節が痛む、
脱力感や痛み、筋肉のピクツキ、体重減少など、教科書通りではない症状かもしれません。
病院でも検査検査で落ち着かない毎日を送っております。」

「病名が確定しないと落ち着かないのはわかりますが、
病名がハッキリしても今の医学でどこまで対応できるのか疑問を感じます。

脳におけるドーバミン分泌減少が原因とされています。
ドーバミンの外から補充があれば症状は一時的に緩和するでしょうが、
逆にドーバミン生成能力が低下すると考えられます。

ところがドーバミンも腸で作られるのが圧倒的に多いそうです。
腸の機能低下が脳のドーバミン減少を招くようです。

そこで腸活ー腸内フローラの活性化です。
納豆・漬け物・生ものの日々摂取がお勧めです。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)