あなどれない!股関節のトラブル

[Eテレ]   2017年3月4日(土) 午後8:00~午後8:45(45分)

番組内容  股関節の軟骨がすり減っておきる「変形性股関節症」。
        見つけにくいため、気づいた時は手術が必要になっているケースも。
        痛みを取り除き悪化を防ぐための簡単な体操も紹介。
http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/archives/2017/03/0304.html

筆者も目下股関節関連の痛みに悩まされている真っ最中で関心を持ってみました。
痛みを緩和するための運動か4つ紹介されていました。

「ひざ横 揺らし運動」
椅子に浅く腰掛けて足を肩幅くらいに開き、足の裏を床につけまたま膝をリズミカルにゆらす

「骨盤おこし運動」
椅子に浅く腰かけ 足は肩幅くらいに広げ、手は腰にあて、ゆっくりと骨盤を前後に傾ける
1日10回を2セット

手術について
日常生活が困難になるほど変形性股関節症が進行してしまった場合は手術が検討されます。
手術の方法には、人工関節置換術・骨[こつ]切り術があります。

「うつぶせおしり振り運動」
枕を床に敷いて、その上に骨盤がのるようにうつぶせになり、おしりだけ左右に小刻みにゆらす
1日30秒を1セット

「ひざ開き運動」
あおむけになり、両足を揃えて膝をたて、膝をゆっくりと左右に開閉する
1日10回を2セットポイント

筋トレではなく股関節をよく動かす事が大事だそうです。
筆者も似た運動を毎日やっています。痛いからやらざる得ません。
ゆらす運動で痛みが緩和されます。

手術について
日常生活が困難になるほど変形性股関節症が進行してしまった場合は手術が検討されます。
手術の方法には、人工関節置換術・骨[こつ]切り術があります。

いろいろな切り口があると思うが、根本的な原因は重心が変わったからではないだろうか?
重心クセは変わるものではないと聞いたが、変わるんです。
痛みの出ない立ち方・歩き方を試行錯誤しております。

上半身の状態に応じて自動的に下半身への負荷が変わっていきます。
それと足先の開き方・足への内側・外側への負荷、前後の負荷の三つが関連し合って、重心が微妙に変化していきます。
なかなか難しいものがあります。



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)