左股関節関連の痛みー3

左股関節関連の痛みー1・2
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4357.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4359.html

左股関節関連の痛みが酷くなってきました。
立つと痛いし、しゃがむと痛いし座っても痛く歩いても痛いです。
数軒、治療院まわりましたが、まったく効果がありません

歩いている内に痛みが消えていくこともあるのですが、先日は消えません。
間欠歩行になってしまいました。

歩いている内に、ふと思い出してゆっくり左踵着地して歩くと痛みが少し楽になりました。
痛みはあるものの、痛み半減くらいにはな割とスムースに歩けるようにりました。

足+重で踵です。
体重を支えているのは踵が主なのでしょう。
筆者は、がに股O脚で右前重心・左踵重心だったのですが、大きく改善し、一時期自慢していたこともありました。

さて、がに股・O脚・外反母趾が直ったのはよかったのですが、その流れで重心が変動したようです。
どうも右重心が左重心になり、左踵重心が左前重心になったようです。
重心グセはなおらないものと聞いたことがありますが、そんなことはありません。

後重心は浮き指になるしよくないそうです。
確かにそうなんです、筆者も浮き指が何本もありました。
ところが逆に前重心になりすぎると、筆者のような痛みがでてくるようです。

重心は後重心もよくないし前重心もよろしくありません。
理屈ではわかっていても、普段の生活に置いて確実に実行していかないとオーバーランすることになるのでしょう。
この踵着地歩行もしっかりと踵で着地し、踵から拇指丘へ体重移動をしていく行く必要があります。

前後重心の調整に、この踵からゆっくり着地してゆっくり歩くということが必須のように思います。
足に痛みがあり、なかなか治らず苦しんでいる方は試されることをお勧めします。

特に極端な前重心になっている方、それが身体にとっては大変なストレスになっているのでしょう。
重力は日々刻々働いていますし、筋力は日々衰えて行きます。
時間の経過にともなって更に悪化の可能性があります。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)