具体的呼吸法というのは?

「深呼吸の質問なんですが。。
  息を吐き出すときにミゾオチに力が入るんですが
 どうしたら力まなくなりますか?
  どこを意識してはくのが正解でしょうか?」

「昔から言われている丹田、臍下丹田になるでしょう。
下腹がふくらむイメージですが、どうも逆に凹ませた方がいいように思います。
この辺は個々のイメージが異なるようです。」

「お返事ありがとぅございます^^
  臍下丹田。。呼吸法の第一歩ですね。

 おそらく良い呼吸というものは単純明快なもの
  なのでは?と思いますが
 その単純そぅな自然な呼吸こそが奥深くて
  何冊もの呼吸法の本を読んでもいまだに
 身についていないのです

 ぜひお時間あるときに。。
  ものすごーく具体的な呼吸法のノウハウを
 日記に書いていただけませんでしょうか^^
  たとえば吐き出したときは身体のどこに力が
 入っている、ここには入りがちだが入れないように。
  よろしくおねがいします」

「個人個人,身体が違うように感覚・意識も異なります。
文字だけで理解はムリだろうと考えております。
ナマケモノの健康術という当ブログにクンバハカでブログ内検索すると50以上と沢山でてきます。
その中から特に下記をお読み下さい。

『臍下の一点』
『天風式クンバハカ』
『吹き矢のエクササイズ』
『密息』
『腸骨屈曲呼吸法』
『海女さんの呼吸法』
『クンバハカ密法を身につける法』

日本語で書いてありますし、超具体的に書いてあります。
一応内容は理解し、やれるでしょう。
でもわかったという納得感というか、腑に落ちるという感じは出て来ないかと思います。

これは『行』としての行動がともなっていなかったからかもしれません。
あるいは骨盤が後傾過ぎてで認識しにくいのかもしれません。
いずれにしろ理解→実行→納得のサイクルを日々繰り返す以外になさそうです。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)