つま先を意識する

1月30日のNHKテレビ番組「あさイチ」で、 家事が楽々努力不要のスゴ技SPというのがありました。

合気道の達人、藤平信一さんが伝授してくれた、重い荷物が軽く持てる極意は、【つま先立ちをして、かかとの上げ下げをゆっくり5~6回する】こと。
※このとき、肩の力を抜き、背筋はまっすぐに。反り気味にならず、前かがみに感じるくらい。
※藤平さんのおすすめは、【毎日、つま先たちで歩くことを1分間続ける】こと。

長時間の家事が、楽!?

指先から動く
合気道の達人、藤平信一さんが伝授してくれた、家事で疲れない極意は、【指先から動く】こと。
例えば、洗濯物を持つときは、腕からではなく、指先からつかみに行きます。干すときも指から。そのとき、指先の感触をしっかり感じとります。テーブルをぞうきんで拭くときも、手を動かすのではなく、テーブルを指で感じ、指から動かすようにすると最大限の力で拭け、汚れも効率的に落ちます。
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170130/1.html

番組では女性の肩を屈強な男が二人で浅江つけようとする場面がありました。
女性は平気で立っていました。
やる前に女性の身体のお腹の前と背中がわに10センチくらい離して術者の両手を数秒くらい位置して
いました。
つま先に意識を下ろす操作のようでした。
とても持てないような重い荷物もつま先を意識することで平気で持てるようになるそうです。

藤平信一氏は心身統一合気道藤平光一の後継者の方です。

筆者の経験です。
ヘルニア持ちの方がギックリ腰になり歩いて治そうとされていました。
その方につま先歩きをお勧めして、ギックリ腰が治り、オマケにヘルニアまで治ったということがありました。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)