足裏の痛み解決法

筆者は極端な右前重心でした。
立つと左足は前をむいているものの、右足は大きく外を向いていました。
そのために右足が外反母趾になりました。

それを一直線平行歩きを励行して、時間は掛かりましたが外反母趾を直しました。
同時にがに股O脚も直り、「どうだ、O脚も外反母趾も直ったぞ」と自慢していたこともありました。
それが「わがこと成れり」と足への意識が遠のくとまた外反母趾が復活してきました。

オマケに今度は足裏、指のつけ根や踵に痛みが生じてきました。
痛みに歩けなくなったらどうしようと思いました。
多分、足底腱膜炎というのだろうと思います。

外反母趾で足の横アーチがくずれてきて、それにともなって縦アーチもくずれてくるようです。
足裏を合わせると右足が長くなっているときがあります。
足のアーチ構造は、崩れにくい構造になっているのですが、それ以上に足癖・歩き癖がよくないと考えました。
足の縦も横も拡がった状態で、上から負荷が掛かればじきにつぶれてくるでしょう。

そこで始めたのは、足をグーの状態にして歩くことでした。
これも慣れないと歩きにくいし、すぐ忘れてしまいます。
でも続けることで、足裏の痛みは収まってきました。
いまでは軽い痛みが偶にでる程度です。

日本古来の履き物の下駄や草履であれば、鼻緒がありますから履いただけで足の指を締めています。
同様に靴であっても同じようにすればいいではないかと始めました。
慣れないと違和感がありましたが、じきに慣れてきます。
足裏の痛み解決の根本療法になりそうです。

同時に、上体は足にささえられていますから、足の構造が崩れてくると上体にも影響します。
肩こりや首こりも足裏が影響しているでしょう。
治りにくい肩こりや首こりも上記の方法で改善されるかもしれません。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)