背中のこり&腕の痺れ

日記転載

「肩こりというか背中こりというか
最近それを通り越して腕の痺れが取れません…!」

「頚椎と上部胸椎、前屈みの姿勢が原因と思われます。
取りあえず、お腹を5-10センチ凹ませた姿勢をキープしてみてください。

慣れないときついと思いますが、次第に慣れてきますよ。」

「ありがとうございます。
それで前屈みが解消されるんでしょうか。
ちなみに何秒くらい続ければ…」

「これまでの生活習慣の結果がでいるのだと見ています。
その歴史を根本的に解消する方法です。
ずっと続ける必要があります。

そんなのはイヤだ、取りあえず楽になればいいとお考えならば、合掌両手ゆらしをお試しください。
やり方は検索してください。」

「大変貴重なアドバイスだとありがたく拝聴するけれども
一生キープできたら苦労はない」

「仰るとおりです。
昔から日本ではハラとか丹田とかいわれてきました。
背筋を伸ばせとか、胸を張れ」もいわれてきました。

引力は四六時中24時間働いています、
姿勢が悪いのに、やらなければ加速度がついて進行します。

ハラをv凹ませるやり方は、慣れるに従い楽にやれるようになってきますよ。」


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)