フニャフニャ耳も変わります

最近になって気がついたのだが、筆者の右耳が弾力がなくやわらかい。
前からそうだったのだか、最近そうなったのか定かではない。
お年寄りの腰痛持ちの方のお尻が筋肉がなくフニャフニャだった方を見たことがあります。

固い・やわらかいだけで見ていたから気がつきにくかったのかもしれない。
ここのところの左股関節痛からきている可能性もあります。

このフニャフニャ耳も耳引っ張りを続けていると弾力のある耳に変わってきます。
福耳に変わる可能性もあるかもしれません。

耳は人体で血管が一番少ないところとか。
もろもろの影響が一番現れやすいところでもあります。

東洋医学では耳は腎ー先天的な生命力の象徴だそうです。
それというのは、血液の循環能力が見れるからだと解釈しています。

「イチローVSゴジラ」を書いたのは2005-07-12でした。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-176.html
『どちらが長く活躍するだろうか?選手寿命はどれだけキープできるかということである。イチローは1992年プロ入りし松井はその翌年である。

既に書いたように松井はすばらしい福耳である。耳は先天的生命力を表し、お母さんから引き継いだものと見る。骨太で体力がある。こういう場合、たいていムリをして身体を壊す場合が多い。彼はまれに見る謙虚さを持つ好青年である。したがって選手寿命を長く維持できるだろう。

イチローは鼻がすばらしい。これは彼自身のバランスコントロールからくるものみている。これは父上からの指導から来るのだろうか?

どちらが長く活躍するか?ここ2~3日そのことを考えてきた。
ウーン難しい。難しけれども迷った末、今の時点ではイチローのバランスコントロールにやや分があるとした。』

結果はゴジラは12年に引退しイチローはメジャー通算3000本安打を43歳にして達成した。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)