左座骨が激痛ですー3

痛みがいつもあるわけではない。波がある。
痛みが収まってくるというか、慣れてくると少しずつ見えてくる。

左大腿部外側が固くなっているということは、外側を伸ばそうとする力が働いているということだろう。
右でなく左だということは、右足より左足に重心が傾いていることだろう。

通常、筆者は右・前重心である。
それが上体の傾き・骨盤の締まり具合等で左股関節に集中してくるらしい。

「左足茶筒の時は、足先を上げて左踵内側角をを床につけて軽く上体を上下にゆらします。
右足は踵後の角を床につけた状態で軽く上体を上下にゆらします。」が有効らしいのは現在の筆者の左足に掛かる重心と逆に作用しているらしい。

このエクササイズで幾分軽くなると思えるものの、すぐ戻ってしまう。
これは歩き方の問題らしい。歩いているときも左足先外重心の傾向が出てきている。

その修正には、左踵で着地し左親指への重心移動でなければならないと考えました。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)