左座骨が激痛です

ここのところ、左座骨の痛みが酷くなってきています。
数年前の姉の座骨神経痛に較べればまだマシの感じです。
杖に縋ってスゴイ形相で歩いていました。

数年前から軽い痛みがときどき出てきていた。
あぐらの姿勢で足裏を合わせて、両膝の高さを較べる検査をよくやっております。

股関節の左右差はほとんどない、あってもすぐ調整するようにしてきました。
筆者のは水準計を貼り付けたバーでの検査だから、正確に左右差が検出します。

近年の傾向として左右差のあるときは左が高くなることが多くなっていました。
椅子がけで激痛が2回でました。
何もせずに腰掛けているだけで激痛です。

このときは一趾と二趾を同時に軽く外廻しにすると痛みが収まりました。
踵をつけて足先を上げた状態で、軽く外廻しをします。1センチくらい下に押す感じで廻します。
このとき、イヤな臭いが指の間からでてきました。

この辺は微妙で、右足では内回しの方がいいらしい。
筆者の身体が敏感になってきていて、正確さを要求しているようです。
しばらくはこれでいけそうですが、その内に別な要求を出して来そうです。

痛む場所が移動します。
座骨のところだったり、左大腿部外側だったりもします。

この時は、茶筒です。
それも左右で若干変えています。

左足の時は、足先を上げて左踵内側角をを床につけて軽く上体を上下にゆらします。
右足は踵後の角を床につけた状態で軽く上体を上下にゆらします。
これで少し痛みが軽くなるような気がします。

オマケに昨日は左の奥歯に痛みがでました。
これも足と関係しているようです。もっともどっちが先かはわかりません。

治療院は二軒行きました。
一軒は軽い刺激のでした。もう一軒は強い刺激でした。
少し気分が変わるものの、痛みに関しては全く効果がありませんでした。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)