左股関節が痛い

筆者は寒くなると左股関節に痛みがでやすくなるようです。
1週間ぐらい前から出はじめて痛みがかなり強くなってきました。

自分でいろいろ試しています。
まずは股関節の左右差調整です、
踵落とし
http://kokyujyuku.web.fc2.com/okk/kenkoho13.htm

前は右左左股関節が開いていたのですが、ここ2-3年は逆転し逆に左が開くことが多くなってきています。
やれば揃ってくるのですがじきに戻っています。

歩き方もあります。
靴ですと浮き指になる傾向がありましたので、下駄や草履を履いたときのように指先を締めて歩くようにしています。
それから足先の開き具合です。
わずかに左足先が開きますから、それを逆になるよう歩き始めています。
何度も書きますが、習慣を変えるの大変です。
定着するのに時間が掛かります。

いろいろ試すも、あまり変化しません。
そこでこれまでも数回お世話になっている整体院にいきました。
気分はスッキリしたが左股関節の痛みは取れません。

やはり自分で治すしかないかと改めて思いました。
そこで思い出したのは、「寒は腎を破る」ということばでした。
30度近い気温から10度くらいの気温に急低下しました。
その中でも気温の急なアップダウンがあります。

前に読んだ野口整体系の本に寒くなると左の骨盤から締まっていき、温かくなるときは逆に右から開いていくそうです。
急な気温低下で腎がストレスを感じていたようです。
特に左側の方です。それで左股関節の痛みが出たのだろうと思いました。

そういえば数年前から左足が冷えやすくなっていました。
そこで蓄熱式の湯たんぽを買ってきました。
2676円でした。20分充電で最長8時間は保つとか。
夜中にトイレにいく回数が減りました。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)