目眩が改善されるかもしれません

「揺れるめまいがはじまり、もう10年、病院なん十ヶ所もいき、整体、カイロ、針、お灸、気功
世に知られてる治療なにをしても治りません。 」

「首が固くなると耳も固くなっているようです。
耳が固くなるにつれて中耳にある耳石も動きが悪くなると思います。
先日のためしガッテン
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161116/index.html

「耳石があまり動かないと・・・全身の筋肉や自律神経の働きもおとえろえ、筋力の低下や循環機能低下、代謝の異常など様々な悪影響が起こると考えられています。」
解剖図を見ると、耳の後は血管・神経・リンパなどの急所になっているようです。
首が固くなり次いで耳も固くなり耳石も動きにくくなっていくでしょう。
その結果として目眩かもしれません。

耳の固さをチエックして固さを見ます。
・耳を縦に二つ折りにして痛みがあるかどうか?
・耳二つ折りで痛みはないがそのまま二つ折りのままスライドさせると痛い。
・左右で固さが異なっている。

もし上記の状態であれば、両耳引っ張り・耳たぶ廻しをお勧めします。
両耳引っ張り、息をゆっくり吸いながら両耳一緒に引っ張り息をゆっくり吐きながら戻す。
10回くらいが1セット。
耳たぶ廻し、人差し指と中指の先端で耳たぶを挟み小さく後廻しにします。1回に20秒くらい。
これは弘法大師の秘法と教わりました。

毎日続けていると固い耳もやわらかくなってきます。
目眩も改善されることを期待して書いています。

もう一つ大事なことは、首を前に倒す姿勢は避けることかと考えています。」



いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 






コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)