マッケンジー法で痛くなります

「ヘルニアにいいと言われているマッケンジー体操をやると、座骨神経と腰が痛みます。
マッケンジー体操されていますか?
病院のリハビリのメニューに入っていますが、このままやっていていいのか疑問です。」

「痛みのでない範囲で軽くはどうでしょうか?
強くやる必要はないと考えています。

それとマッケンジー法では呼吸を無視しています。
私はやるときには呼吸法を併用します。
身体を曲げるときはゆっくり息を吸いながら、戻すときはゆっくり息を吐きながらになります。
これはもうマッケンジ法ではないですね。」

「痛みが出る前にすぐにやめる感じですね。
ヘルニアと言われておりますが反る行為も痛いので狭窄もあるのかなと。
両方併発しているとは医師には言われておりませんが、背中の筋肉なのか腰なのかバキバキで困っております。
色々姿勢など意識していましたら日中は座骨神経はよくなっている時間が増えました。」

「>ヘルニアと言われておりますが反る行為も痛いので狭窄もあるのかなと。

当分反る方はやらない方がいいように思います。
狭窄より、骨盤後傾しすぎで腰が丸くなっているのではないでしょうか?
お腹を5-10センチ凹ませる習慣をつけると背中が自然に伸びてきますよ。」

「度々の回答ありがとうございます。
さすがです。骨盤が後ろに傾いていると言われておりました。
お腹を凹ませる習慣とは立位、座位の際共にやれば良いのでしょうか?」

「座位・立位ともです。
お腹を凹ませた姿勢で上胸部が伸びる感じを味わってください。

そこで吹き矢の呼吸法、お勧めです。
実際に吹き矢のクラブに参加されて実際にやるのがいいのですが、吹き矢の真似だけでも相当効果があります。
吹き矢を遠くに飛ばすつもりで、5回単位くらいで強く早く吹くだけです。」


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)