低気圧で酷い頭痛

「耳の2つ折りはやはり痛くてたまらなかったです。
低気圧の頭痛は治りませんか?」
(この方は、足底筋(腱)膜炎でしかも重症で身体中に痛みがある)

「>低気圧の頭痛は治りませんか?

「まずは耳の痛みのでないようにする必要があるでしょう。
耳たぶ廻し・両耳引っ張りの頻度を高めてください。」

「低気圧で頭に圧迫感があって、上に引っ張られるようです。
耳を2つに割るやり方は、頸椎の痛みも頭痛も扁桃炎も痛みが変わりました。

耳たぶを回す方法ですが土踏まずの傷みが和らぎました」

「>耳たぶを回す方法ですが土踏まずの傷みが和らぎました

耳たぶ廻し・両耳引っ張りの頻度を高めてください。」と書きました。
1週間後、耳の固さを記入して下さい。
書き方は昨日の固さを10として、1割減・3割減・5割減rというように」

「耳はいつも触らない状態でいる事がほとんどなので、触るのが気持ち悪いですね…。
低気圧の頭痛が最高に達するともう全く出来なくなります。」

「>低気圧の頭痛が最高に達するともう全く出来なくなります。

耳に触れる習慣をつけてください。
『低気圧の時はうぶ毛にタッチするくらいでゆっくり呼吸を2-3分単位で繰り返す』でお試しください。
足裏もそうです。」


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 
                  

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)