食も水も摂らずに8年間だと?!!-2

8年近く水も食物も摂らないというブレサリアン(breatharian)。「愛と不食の弁護士」として知られる秋山佳胤氏のことを書きました。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4278.html
インドの山奥に住む年齢不詳の聖者のように、空気中のプラーナ(光orエネルギー)を食べて生きているのだそうです。
去年南アフリカへいったが飛行機で23時間飲まず食べずでした。スチュワーデスが心配してなにも摂っていませんよね、何か摂ってください」といわれた。面倒くさいから眠っているふりをしていたとか。

プラナヤマ法については50年も昔、天風会で教わっているし、日曜集会にも何年か通ってもいる。
だが、やり方を教わっても出来るわけではない。

秋山佳胤氏は意識設定にあるという。
「食べないと生きていけない」と思っているか、「食べなくとも生きていける」と思っているかである。

食べなくとも、エネルギーが減らないときというのは集中してやっているからだ。
食事を忘れて面白いことに夢中になってやり続ける子供のように無邪気にやることだという。

魂は「たま」と「しい」の二つから成り立っている。
「たま」は本体であり、「しい」か感情の部分である。
うれしい・かなしい・おそろしい・さびしい・はらただしいとかいうように「しい」は感情の部分である。

アボリジニーのやり方で身体を振り子のように使って、前傾するか後傾するかで見れます。
プラナー吸収率が2008年100%ギリギリ、2010年100%超え2012年200%以上%
2014年には500%以上%となりムダ使いが平気になった。

オーストラリアのプラーナ研究者、ジャスムヒーン氏が世界のブレサリアンに、どのようなライフタイルか、どのような共通性があるか?アンケート調査をしたそうです。
瞑想・マントラ・祈り・音楽・運動・自然の中で過ごすとかが出てきました。
リラックスしてくるとエネルギーの循環がよくなり消耗しなくなります。

思考することも悩むこともエネルギーを使いますが、楽しめばエネルギーは減らないものである。
脳波はベーター波・アルファー波・シーター波の三通りある。
シーター波を24時間キープすると森光代さんのように食事も水分もいらなくなるという。

食事を減らすこと、消化・吸収に大きなエネルギーをつかっています。
食というのは、よろこびのために頂く・コミュニケーションのために戴くという意識にならないとプラナーの吸収はできません。
自分の持っている能力を社会のために使うというボランテイア精神でいると消耗しなくなります。

自分は無限の存在であり光であり愛であることに気がつくとどんなに放出しても減ることがなくなってくる。
逆に出せば出すほど補充される現象が起きてきます。
それは呼吸といっしょで吐けば吐くほど入ってくるものです。


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)