目眩にも利くかもしれませんー2

「重ね重ね貴重な御指導を有難うございます!!

はい、整体師の指摘で、
右足が短く左に傾いていて、下半身は右、上半身は左の凝りが尋常ではない
と言われました。

今回の目眩を教訓に、捻れや歪みを、少なくとも3ケ月掛けて改善しようと考えておりましたので、上記の教えを整体師にも相談し、間違えない様に実践させて頂きます!!

自己流で間違えると、より具合を悪くしてしまいますから、相談先の存在って重要ですよね。
有難うございます、必ず試します!!」

「>今回の目眩を教訓に、捻れや歪みを、少なくとも3ケ月掛けて改善しようと考えておりましたので、たーさんの教えを整体師にも相談し、間違えない様に実践させて頂きますね!!

できましたら、ご自身で確認チエック出来るようになることも目指して下さい。
特に難しいことはありません。
続けるほどに慣れてきて簡単にチエック出来るようになります。
もちろん整体師さんい相談するなということではありません。

私のやっている方法です。
チエックはエクササイズの前後に必ず入れて下さい。
身体は変化します。左右逆転しているにも関わらず同じやり方でやると歪みが大きくなることになります。

1 股間節の左右差
 ① 仰向けで左右の足の倒れを見ます。内向きか、外向きか?
 ② 左右どちらの倒れが大きいですか?
 ③ あぐらの姿勢で足裏を合わせ引き寄せ、左右両膝の高さを較べます。
  どちらが高いでしょうか?
  
  左右差がわかりにくいときは、両膝を持ち上げて、
  ゆっくり下ろすと下りにくいのはどちらかを見てください。

2 肩関節の左右差
 ① 両手をゆっくり頭上に揚げて身体の正中線上で手の平を合わせます。
   どちらが何センチ長いでしょうか?
 ② 立って前ならえをして身体の中央で両手を合わせます。
   左右どちらが何センチ長いでしょうか?

3 立位体前屈は床上もしくは床下、何センチでしょうか?
  ストレッチではありませんので、ゆっくり曲げてみます。

4 頭を左右にゆっくり曲げると曲げやすいのはどちらでしょうか?

やったエクササイズ・運動・治療法が自身の身体に合わなければ、身体はゆがみ固くなってきます。
逆に合っていれば、よくなる方向に身体は変化していくということです。

整形でよくやられている牽引も失敗することが多いようです。
個人個人に合った強さに指定することが大変難しいからのようです。
ウンと弱くすればOkになる場合が多いと思うのですが多くは逆方向です。」


いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 
                     

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)