正しい呼吸法教えます

先日の主治医が見つかる診療所というTV番組、「正しい呼吸法教えます」(再放送)

海女さんの呼吸法を取り上げていました。
「人の活動に必要な酸素は、呼吸によって体内に取り入れられています。そのため、呼吸機能が低下すると、免疫力が落ちて様々な病気になる可能性が高くなってしまいます。今回はそうならないために、呼吸を改善する方法を紹介!さらに、酸素がしっかり取りこめるようになると、肌がきれいになり、若々しくなると期待できることも明らかに!ある職業の人々は独自の呼吸法で、効率よく酸素を取り込んでいるという。その職業とは?」
https://www.youtube.com/watch?v=bIoiKDTLFiA

以前当ブログでも書いたことがあります。
海女さんの呼吸法
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4112.html

二つのあまり聞いたことのない肺のの病気の症例が紹介されていました。
夏型過敏性肺炎
マック症

二つともどこにでもいる病原菌が原因だという。
2週間以上咳が続くたらこの二つの病気を疑った方がよい。、
呼吸筋の代表は横隔膜であるが、この呼吸筋を鍛えることで呼吸器に関係する病気の予防だけでなく、
さまざまな病気の予防になります。

80歳を超えてNO1の現役の海女さんがいます。
海女歴60年、水深10メートルのところで1分30秒の潜水を繰り返している。
負荷を掛けて運動が鍛えのですが、水深10㍍では2倍もの圧が掛かっているそうです。

磯笛というのは口笛を吹くのににているのですが、10回やると呼吸が落ち着いて胸がスーッと楽になるという。
呼吸器系病気の患者さんのやっている口すぼめ呼吸と似ている。
2秒掛けて鼻から吸って口をすぼめ、口から6秒掛けて息を補足長く吐く10回が1セット。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 
                     

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)