足のケア「外反母趾」ー2

「外反母趾は靴が原因なので、靴の見直しによって防ぐことができる病気としているが、
立ち方・歩き方を無視して予防も治療も考えられません。」と書きました。
これって意外と難しいことだと思いました。

いろいろ姿勢や歩行について書かれたものは沢山あります。
第一に現在の自分のポジションがわかるかどうか?
それがわかったとして、どう変えていくか?
その根気が続くかとどうか?

筆者の場合、右足が外反母趾になってから歩き方を変えることで、
一時期ほぼ調整ができ外反母趾が直ったと自慢していたことがありました。
そのときやったのは一直線平行歩き続けました。
慣れるまで時間は掛かりましたが、慣れるに従い腰痛や膝痛もでにくくなってきました。
一直線平行歩きというのは、前方に一直線を想定しそれに添わせて交互に着地を繰り返すやりかたです。
モデルさんの一番基本の歩き方だそうです。

外反母趾が直って足への関心が薄れてきて何年かすると、またクセが頭をもたげてきて右足母趾が外反してきました。
今度は同時に足の縦アーチも横アーチもくずれてきて、足底腱膜炎らしき痛みに悩まされるようになりました。
これまた難しいものがありました。外反母趾よりも手強いようです。
テーピングで痛みは軽減するようですが、これも立ち方・歩き方の改善がなければ完治は難しでしょう。
jこのとき頻繁にやったのが足のグーパーでした。
いまも続けていますが特にグーの方を重視しております。

足のグーパーと同時に勧めているのが立ち方・歩き方です。
普通に立つと右足拇趾が外反します。
重心の掛け方で外反部分が引っ込んできますからそれをキープすることを心がけてきました。
すぐ忘れがちですが、続けるほどに身についてきます。
足裏の痛みも大きく軽減されてきています。

赤ちゃんの歩き方修得に興味を持ったのはずいぶん前ですが、歩くことで足のアーチが形成されていくとありました。
アーチが形成される歩き方があると同時に、くずす歩き方もあるということです。
するとまた外反母趾も調整されてきます。
今度は、拇指丘に負荷を掛けても外反しにくくなってきています。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 
                     

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)