慢性緊張型頭痛

「緊張感型頭痛がおこるようになって2年ぐらいです。
毎日頭痛のする慢性緊張型頭痛です。
症状は、こめかみの締め付け・耳後ろ辺りが脈うつような感覚・後頭部がじんじんする痛みなどです。
布団に入っても症状が激しく、なかなか寝付けません。
運動が一番いいとは言われて、立ってられる時は立って生活してます。」

「当コミュに何回かコメント書いてきました。
なるべく立って生活されている由、つま先立ちがより有効かと思います。
姿勢がよくなるからです。」

「アドバイスありがとうございます。
自宅では、ダイエットスリッパで踵をつけない感じですが、
つま先立ち効果がありそうですね、変えてみようと思います!」

「書き落としましたが、つま先歩きもお試しください。
トイレに立つときはつま先歩きに決めておくとか。
足首の強化が可能になるかもしれません。」

「つま先立ち、神経がピンとする感じでなかなか良い傾向でした。
ただ、慣れるまで寄りかかりながらでないとバランスがまだフラフラに。
今日から御手洗いにはつま先歩きで向かいたいと思います。」

「バランスを取るのが難しいのであれば、つま先歩きは延期の方がいいかもしれません。」

「ありがとうございます。つま先歩きは、良い感じです!
つま先立ちは、まだ寄りかかって立ってます。
あともう、少しバランスがとれれば○です。」

「足のグーパーをお試しください。
仰向けでも椅子がけでも立ってもやれます。
特に足のグーの方が大事と感じております。

軽くやるときは仰向けです。
息をゆっくり吸いながらグーをやり、息をゆっくり吐きながら戻します。
同様に息をゆっくり吸いながらパーやり、息をゆっくり吐きながら戻します。
5-10回が1セット。
仰向けでも強めにやることもOKです。
軽くゆっくりやると長続きしますし、頭痛にも効果があるようです。

立ってやるときは、段差のあるところで足先を出し、角を挟むようにしてやります。
呼吸は上記と同じです。
足の筋肉バランス→身体の筋肉バランスを整えます。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 
                       

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)