手術後のリハビリ・筋トレを教えてくださいー3

「ありがとうございます

前屈したら痺れと痛みが強くなったので少しひかえたいとおもいます
それ以外は続けていきたいです

あとはメンタルですね
モチベーション上がりません」

「歩き方でバンザイ・前ならえが揃ってくることがおわかりになったでしょうか?」

「大変簡単なチエック方法ですが、少しは慣れが必要かもしれません。
理解が進むほどに人様の世話になることも減っていくと考えています。

> 前屈したら痺れと痛みが強くなったので少しひかえたいとおもいます

誤解されている可能性があります。
ストレッチでなくチエック・検査なんですよ書きました。
日常性活で、前屈・後屈動作は日々やっているわけです。

前屈で痛みがでるようならば、どこで痛みが出るかで見ることもできます。
その痛みの出る位置を柱などにマークしておいて較べることは出来ます。
その範囲が拡がっていけばOKとみます。

それもヤバイしやりたくないのであれば、それはそれでOKでしょう。
やれるようになったらやればいいでしょう。
足を平行にして着地するだけで身体すぐ変わってきます。
その逆もあり、元の歩きに戻せば身体は歪んできます。


身体を逆に反らせて見ることも出来ます。
ゆっくり反らせていってどこまで反らせることが出来るかで較べます。
これもストレッチではなくチエックと検査のために行うものです。

身体にあったエクササイズならば、身体は柔軟性を増してきます。
合わないエクササイズならば、身体は固くなってきます。
そこを見極めながらやる必要があるということです。」

「チェックの仕方わかりました
無理なくやります」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)