手術後のリハビリ・筋トレを教えてくださいー2

「これも身体が出来てこないと続けるのが辛いでしょう。
お腹を5-10センチくらい凹ませた姿勢がお勧めです。」

試しにこの姿勢を今日一日とり続けて見てください。
これまでの筋肉のクセがあります。
キープし続けることがいかに難しいかです。
でも続けるほどに慣れてきて理解も深まることでしょう。
その上でポイントを絞って質問してください。

私が日頃心がけている大事なポイントを書きました。
品目もある程度必要ですが、確実にこなす・続けることの方が重要です。

もう一つ大事なことがあります。
さまざまなエクササイズがあります。
自分に合っているモノを選択すること、合わなければ歪みを発生します。
合わなければ中止するか、合うように改善する必要があります。

その判定の仕方を覚えて欲しいのです。
身につけると、すべての運動・エクササイズに応用できます。

「 両足先を前に向けて両足を平行にして立ち、その位置をキープしながら歩きます。 」と書きました、
これを例にチエックのやり方を書いておきます。
・軽く両手を伸ばしてバンザイをして身体の正中で合わせて、両手の長さを較べます。
・軽く両手を前方に伸ばして身体の正中であわせて、両手の長さを較べます。
・軽く前屈して両手の指先の位置、床上から何センチ何ミリかを見ます。
 ストレッチではありませんので、早くやったり強くやったりは禁物です。
 ペットボトルにスケールを貼り付けておくと一目瞭然です。

エクササイズ後も同様に測定し、before-afterで比較します。
バンザイ・前ならえで左右差が小さくなっており、前屈でやわらかくなっておればOkとします。
左右差が増大し、身体が固くなるようなら×、中止もしくは改善の必要ありと判断します。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)