気分が鬱滞しときは?(手の3里)

気分が鬱滞しときは?
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4120.html

『「健康の自然法」野口晴哉著という本があります。
この本に書いてあったことです。
食べすぎがが長くつづいても、運動不足でも、過労でも、体の鬱滞は生じる。
体が何となくだるかったり気分が鬱滞して憂鬱になったり、腰が重くなって何かやるのが面倒くさ
いようになったら、上の写真の処を抑えて輸気したらよい。」とある。

写真が不鮮明でわかりにくい。
右脚の前脛骨筋の内側中頃に親指以外の四指をあてて輸気をしている。
指の第一関節と第二関節が丸めている。
やってみました。
少し気分が変わりました。
効くかもしれません。

元来、気分というのは、切っ掛けさえあれば感嘆に変わるもののようです。
ちなみにアマゾンで20,000~35,500円の値段がついていました。
他の通販では扱っていないようです。 上記では右脚の前脛骨筋の内側中頃に親指以外の四指をあてて輸気をしている。』

手の3里はどうかと試したら効くようです。
やってみると、左より右手の方が良く効く。
右利きで右側が固くなっているかららしい。

手の3里で検索すると、痛いと感じるほどつよくやらないと効かないとある。
筆者は弱く弱くやっております。

手3里のくぼみに拇指のハラを添わせてゆっくり呼吸をします。
5-10呼吸くらいです。

親指のハラを当てていると大きな溜め息が出てきました。
過敏性大腸炎らしき傾向が解消されろ事を願っています。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 



これは大変よく利きました。
数日来の気分がスッキリ晴れて爽快です。

手3里のくぼみがなくなるか半減するまでやりました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)