左顔面神経麻痺

「最近左顔面神経麻痺になってしまいました。
ステロイドとビタミン剤を服用してるんですけどすぐにマッサージを始めた方が早く治りますか?」


「やり方次第ということになりそうです。
現在の治療法では殆どが対症療法ですから、いずれ再発するか他の場所に移行すると思われます。

片噛みのくせがあるかもしれませんし、左手で上体を支えているのかもっしれません。
あるいは、普段の姿勢でうつむき・猫背が原因かもしれません。
それらの調整が原因だろうと思います。

10年以上も前になりますが、母が寝たきりになり嚥下障害を起こしたことがあります。
このとき、両耳引っ張りやいくつかのことをやりまして流動食に戻れたことがありました。

その応用でやってみて欲しいことがあります。
やってみないとわかりませんが、治るかもしれません。

耳たぶの指圧です。
耳たぶを軽く挟み、圧を加えます。

圧は弱い方がいいのですが、2-3ミリ凹む程度の圧です。
息をゆっくり吸いながら圧を加え、息をゆっくり吐きながらゆるめます。
10-20回くらいが1セット、出来たら2時間おきくらいにやります。

もう一つ、左耳引っ張り、左手で左耳たぶを挟み呼吸ととに頭を左に倒します。
息をゆっくり吸いながら数センチ頭を倒し息をゆっくり吐きながら戻します。
10回くらいが1セット。
耳たぶ指圧と組み合わせて、こちらを先にやるとよろしいかと思います。

1週間後そして、一ヶ月後にも、お返事がいただけると幸いです。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 








コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)